東大和市 エコジョーズ給湯器交換工事 Y様邸|エコジョーズとエコキュートの違い

  • After
    施工後
  • Before
    施工前
工事時間
3時間
工事費用
185,000円
商品
ノーリツ エコジョーズ給湯器 24号 フルオート

東大和市でエコジョーズ給湯器へ交換工事

東大和市にお住いのY様よりエコジョーズ給湯器への交換工事をご用命いただきました。

現場は閑静な住宅街。大きな幹線道路からも離れていて、とても静かな現場です。現場前の道路は道幅も広く、現場前に車を停めることができました。現場前に駐車できると、搬出入も楽々。

現場と工事車両の距離が遠いと、車を止めてから作業開始までに20〜30分くらいかかることもあります。特に都市部だと、コインパーキングが空いていないことも多く、空き駐車場を探すのにも一苦労です。

省エネタイプのエコジョーズ

今回の給湯器交換は追い炊き付きの機器から、同じく追い炊き付き機器の「エコジョーズ(省エネタイプ)」機器への交換です。

よくお客様から、「エコキュートへの交換はできないの?」とご質問をいただきます。
エコジョーズとエコキュート。名前がよく似ていますので間違われる方も多いと思います。

簡単に説明すると、エコジョーズはガス、エコキュートは電気でお湯を沸かします。

排熱利用のエコジョーズ

エコジョーズは、従来では排気となっていた熱エネルギー(排熱)を利用することで、ガスの熱効率を高めた給湯器です。

10年くらい前までは、かなり高価なものだったので初期コストが回収できないことも多かったのですが、今では機器の値段も下がりましたので、ファミリー世帯であれば、ほぼ間違いなく初期コストは回収できます。

感覚的ですが、今ではファミリー世帯の2台に1台はエコジョーズ給湯器に交換をされます。故障の方は、急な出費になるので、従来機のままという方が多いかもしれません。

長期的な視点でみると、自信を持ってエコジョーズの方がおすすめです。そういった意味でも、やはり給湯器は故障前に計画的に交換することをお勧めします。

ヒートポンプでお湯を作るエコキュート

一方のエコキュートは、ヒートポンプで熱をつくる給湯器です。ヒートポンプは電気で動きますので、熱源は電気といえます。

ヒートポンプとは、空気にある熱を特殊な換器で集めて、それをさらに圧縮してさらに高温にした熱を、水に伝えてお湯を沸かすしくみです。

外気の熱を利用して、夜間の電気を利用するというエコな仕組みですが、気温が低い冬だと効率が悪かったり、貯湯式なので使いすぎるとタンクのお湯がなくなるようなデメリットもあります。

オール電化がもてはやされた時に脚光を浴びましたが、震災以降はあまり聞かなくなりましたね。

そういえば、エコジョーズとエコキュートの両方をいいとこ取りした「ハイブリッド給湯器」というのもあります。ただ、まだまだ高価な商品です。

工事を終えて

エコジョーズ給湯器特有のドレン排水の処理工事がありましたが、特にトラブルもなく工事終了です。

これからどんどん寒くなり、給湯器が活躍する季節の到来です。給湯器が活躍するということは、給湯器に負荷がかかり、故障するリスクも高くなります。

給湯器はお湯が出なくなって慌てて交換する前に、将来の節約も考えながら検討してくださいね^ ^

施工後の配管写真

施工後の配管写真

小金井市の給湯器交換は福田設備