三鷹市|故障する前に交換、壁掛けタイプ給湯器

After
施工後

Before
施工前

工事時間
3時間
工事費用
220,000円
商品
ノーリツ 20号 オートタイプ エコジョーズ

「まだ故障はしていないけれど…」

まだ故障してはいないけれど、万が一に備えて新しい給湯器に交換しておきたい
そういったご相談をいただくことがあります。

つい先日も、「今度子供が生まれるから、生まれた後に給湯器が壊れて不便な思いをする前に交換したい」との理由から
給湯器交換をご依頼いただきました。

給湯器は
・壊れてから交換するもの
・不調が顕著になってきたら交換検討するもの
と思われがちですが、一番良いのは不調や故障の症状が出る前に新しいものに交換しておくことだと思います。

今回の現場もこのようなご依頼内容でした。
まだ使えるけれど、寒さが本格化する前に交換しておいたほうが安心とのことで、ご依頼いただきました(^^)

しっかりとガス漏れチェックまで行って、作業終了です!

冬前に給湯器交換をするメリット

上述の通り、給湯器が故障する前に新しいものと交換するお客様がいらっしゃいますが、
本格的な冬に突入する前に給湯器を交換するメリットがあります。
それは、

・給湯器の欠品で交換できない事態を避ける
・工事費用が抑えられる場合がある

という2点です。

冬になると給湯器の故障が増えるため、どの業者でも欠品が増えます。
そうなると、新しく給湯器が入荷するまで交換できない=お湯が使えない状態が長くなってしまいます。
給湯器の流通量が安定している時期に交換しておくことで、冬に困らなくて済むのです。

また、給湯器交換の繁忙期である冬以外であれば、ピーク時に比べ工事費用を安く抑えられる可能性もあります。
逆に、ピーク時は業者も強気価格で見積もりしがちですし、価格交渉もしづらくなるでしょう。
買い手優位の時期に交換検討してみてください(^^)