西東京市 PS扉内設置型 給湯器交換工事 T様邸

  • After
    施工後
  • Before
    施工前
工事時間
3時間
工事費用
120,000円
商品
ノーリツ 給湯専用器 16号 PSタイプ

施工のポイント

PS扉内設置型

西東京市のマンションにお住まいのお客様より、給湯器交換工事のご依頼を頂きました。

今回交換させていただいた給湯器は、「PS扉内設置型」と呼ばれる給湯器です。
マンションの玄関となりにあるパイプスペース(PS)の扉の中に設置されていますので、普段は給湯器の排気口だけが扉の外から見えているはずです。

パイプスペースタイプの給湯器は、仕上がると非常に収まりもよく見た目もすっきりですが、旧型と現行機種で外形寸法が異なることも多く、その場合はサイズに合った材料(PSアダプタ)が前もって必要になります。
(After写真では、光っている銀色の箱です。)

パイプスペースの中はマンション全体の配管が通っていたり、ガスメーターや水道メーターがあったりと十分な作業スペースがないことも多々あります。しかも、配管部分にパイプスペースの枠があり配管作業に手こずることさえあります。

しかし今回の現場は、パイプスペース内の広さもあり、作業を邪魔する枠などもありませんのでしたので、施工はスムーズに行うことができました。

059947-04
旧配管部分

059947-09
新配管後

今回設置した給湯器の特徴

今回設置した給湯器はノーリツの給湯専用機、号数は16号です。給湯専用なので、追いだき機能はありません。
16号は、単身向けの集合住宅によく設置されています。

給湯器の選び方はこちらをご覧ください

給湯器交換のきっかけ

今回のお客様が給湯器を交換しようと思ったきっかけは、お湯が出なくなったからというわけではありませんでした。
しかし設置から13年ほど経っており、少し異音がすることが前々から気になっていたとのことです。

給湯器の寿命は平均10年程度といわれており、追いだき機能のない給湯専用機だと15年近くもつこともあります。
しかし、給湯器から異音がしだしたら交換のサインです。ある日突然お湯が出なくなってしまうことだってあります。

特ににPS設置タイプの給湯器の場合、パイプスペースに固定するための材料が必要になりますので、納期に時間がかかる場合もあります。
そうなれば、納品までお風呂に入ることができません。

お湯が出なくなる前に、給湯器の不調が現れたら交換することをおすすめいたします。

給湯器の寿命についてはこちらをご覧ください

最後に

特にトラブルもなく、予定通りの時間に工事は終了しました。お客様もご満足いただけたようで、私も嬉しくなりました。
お風呂のリフォームも今後やりたいとのことでしたので、その時にはまたお声がけくださるそうです。
お付き合いが続くことになりそうです。^^

小金井・西東京・小平の給湯器屋さん|福田設備