給湯器の配管カバーって必要なの?

給湯器本体から出ているたくさんの配管。
ガスが通っている配管がむき出しになっていて大丈夫なの?、と少し心配になることはありませんか?

配管に巻かれた保温材がボロボロになっているのを見て、何となくみすぼらしい印象を持たれることもあるかもしれません。

そんな配管を保護するのが配管カバー

配管カバーをつけるべきか、付けないで良いか、考えてみました。

給湯器の配管カバーとは

配管カバーとは、給湯器から出ている配管が見えないように覆う箱のような部品です。

各メーカーから、給湯器の形状、種類に対応する配管カバーが販売されています。

機器の大きさ形状に合わせて設計されていますので、基本的に使い回しはできません。

壁掛けタイプ給湯器の配管カバー

壁掛けタイプの給湯器は、本体の下からガス・お湯・水などの各配管が出ています。

本体下から伸びているのが配管

壁掛けタイプの給湯器に配管カバーを取り付けると、このような見た目になります。

本体下の赤線部分が配管カバー

まるでボックスが上下に2つ積み重なっているようですよね。配管カバーをつける前と比べて、スッキリした印象になります。

据え置きタイプ給湯器のカバー

据え置きタイプの給湯器は、設置場所の地面やブロック、専用の架台の上に設置されています。

壁掛けタイプとは違い、給湯器の側面から配管が出ているのが特徴です。

据置型は左から配管が伸びている

据え置きタイプの給湯器に配管カバーを取り付けると、ボックスが横に2つ並びになったようになります。

給湯器の配管カバーはつけなくてはいけないのか?

色々なタイプの給湯器に対応した配管カバーがありますが、必ず取り付けなくてはいけないものなのでしょうか?

工事費も上がってしまうし、必要ないなら省いてしまっていいかな?と感じる方もいるかと思います。

配管カバーは必ずしもつける必要はない

配管カバーの役割は、主に次の2つ。

配管カバーの役割
① 外観をよくするため
② 配管(保温材)の劣化を防ぐため

配管カバーは機能上どうしても必要なものではありません。
あくまでオプションとして、取り付けを希望する場合のみ設置するのが基本です。

集合住宅は注意!管理規約で取り付け必須の場合がある

一方、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は注意が必要です。というのもマンションの管理規約で配管カバーの取り付けが決められていることがあるからです。

工事費を節約したいからと配管カバーを省きたくなるかもしれませんが、一度管理規約や管理組合への確認をした方が安全といえるでしょう。

余談ですが、マンションによっては取り付ける給湯器の号数制限など、何らかの決まりが設けられている場合もあります。あとあと面倒なことにならないように、事前確認を忘れないでくださいね。

給湯器に配管カバーをつける3つのメリット

必ず設置しなくてはいけないものではありませんが、配管カバーをつけることで得られるメリットがあります。

配管(保温材)が劣化しにくくなる

給湯器の配管には、給湯効率を高める目的のために、保温材が巻かれてあります。他にも配管を守る目的にも保温材を巻きます。

しかし、雨風にさらされたり、直射日光を浴び続けると、徐々に保温材や保護テープがぼろぼろになっていきます。

こういった劣化を防ぐのに配管カバーは有効です。

外観がよくなる

配管カバーをつけると、外観が圧倒的に良くなります。見た目がすっきりし、ホコリなどの汚れも拭き取りやすいので、キレイな状態をキープしやすいです。

給湯器は裏庭など目立たないところに設置されていることが多いので、配管カバーひとつで雑然とした感じもなくなり、防犯面にもいいかもしれません。

子供などが配管を触らない

配管がむき出しの状態だと、子供がいたずらで触ってしまったり、ペットが噛んだりして、思わぬケガや故障につながることがあります。

また、わざとではなくても、給湯器近くを通っていて配管を蹴ってしまったり、衣類が引っかかったりする可能性も。

給湯器本体の下にはガス配管の元栓もありますので、意図せぬ理由で元栓が閉まって、「あれ、お湯がでない」なんてことも。

配管カバーをつけておけば安心です。

配管カバーの使い回しはできない

古い給湯器に配管カバーを付けていて、後継の機器に再利用できるか、とよく質問されることがあります。

後継機器の場合は、外寸が同じなことも多く、再利用できそうに見えますが、基本的には再利用不可です。

ビスを固定する位置が違ったり、はめ込み位置が微妙に変わったり。

無理やり付けられないこともないのですが、色味も変わりますし、はっきり言って格好悪いです(^_^;)

せっかく新しい機器になりますので、配管カバーも気持ちよく新品にしたほうがいいでしょう。

まとめ

一見地味な給湯器の配管カバーですが、取り付けておけば快適に給湯器を使ってもらえる強い味方です。

給湯器を交換するとき、一緒に配管カバーの設置も検討してみてはいかがでしょうか。

工事費は少しアップしてしまいますが、取り付ける価値は十分ありますよ!

Client
電話番号