給湯器のリモコンだけ故障?!どうする?

お湯の温度調整から追い焚きやたし湯まで、ボタンひとつで完了する給湯器のリモコン。

なくてはならない存在ですが、思うように動作しなかったり、長年の使用で壊れてしまうことがあります。もしリモコンが故障したら、どう対処すればいいのでしょうか。

すでに10年近く今の給湯器を使っている方から最近給湯器交換した方まで、リモコンにまつわるお役立ち情報をまとめました。

給湯器のリモコンの故障例

給湯器のリモコンの故障として典型的な例をご紹介します。

台所リモコンでコントロール不能になる(浴室リモコンは使用可能)

配線の接触不良や、基盤の故障が考えられます。電源を切断し、しばらく時間をおいてから再び通電すると復活する可能性はあります。

配線の修理は電気に詳しい人であれば自力でできるレベルですが、プロの力を借りた方がスムーズかつ確実です。

液晶の文字が一部途切れる

液晶表示の下半分、もしくは一部など、文字が欠けてしまうパターンです。リモコンの不具合なので給湯器の使用に支障はありませんが、文字が読みづらく給湯温度が分からなくなるので交換した方がいいでしょう。

給湯温度が分からず不便です。

スイッチが壊れる

スイッチが割れるなど、物理的に壊れてしまった場合です。

給湯器の操作はできても、壊れたスイッチを使い続けることで内部基盤に異常をきたしてはいけませんので、リモコン交換した方が無難です。

ちなみにスイッチ表面の保護ビニールが破れたり浮いたりしてくるのは使用上問題ありません。気になるようならばビニールをはがして使ってください。

保護ビニールの破れ・浮き

故障と勘違いしがちな症状

リモコンの電源がつかない、表示が消えるなど、一見故障に見える症状があります。

実際には、知らない間に設定が変わっていた、省エネモードが作動していた、などリモコンの故障ではない場合が多いようです。

まずは、リモコンの説明書を確認してみましょう。ほとんどがリモコンの設定で解決できます。

故障と勘違いしがちなリモコンの動作例をまとめてみました。

  • 運転ランプが点灯しない
  • 時計表示が「- – : – -」になる
  • 表示の節電の状態にならない
  • 画面表示がいつのまにか消えている
  • スイッチを押しても、そのスイッチの動作をしない
  • たし水なのに燃焼マークが出る
  • 燃焼マークが点灯と消灯を繰り返す
  • スイッチの表面のビニールが破けたり、浮き上がっている
  • 給湯温度の調節ができない
  • 温度が、ある温度以上に上げられない
  • 自動ふろ配管クリーンが作動しない

もし説明書を紛失してしまったときは、下記メーカーのHPでデータ版説明書を参照してください。リモコンに書いてある型番を入力すれば、説明書を検索できます。

各メーカー取扱説明書のURL

給湯器のリモコンの修理・交換が必要なときは

メーカーの保証期間を確認

給湯器メーカーの保証期間を確認しましょう。

リモコンの保証は給湯器本体の保証内容に準じるので、給湯器の保証書を確認するのがポイントです。

メーカーの保証期間は1〜2年。期間内に通常の使用で起こったリモコンの故障であれば、メーカーから無償対応を受けられます。

保証期間外はメーカー・専門業者に有償依頼


給湯器設置から数年経ち、メーカーの保証期間を過ぎていれば、有償修理・有償交換になると考えましょう。

専門業者の中には、メーカーの有償期間後に独自の無償保証期間を設けていることもあります。給湯器を設置したときに説明があるはずなので、設置時に保管しておいた保証関連の書類を見直してみてください。

基本は現在のリモコンと同じ品番に交換

リモコンを交換するとなった際には、同じ型番のリモコンに交換します。

もし給湯器本体が廃番になったとしても、10年間はメーカーが部材を保有しておくこと決まりになっています。

つまり今設置されている給湯器やリモコンがすでに廃番になっていても、その後10年以内であればリモコンを取り寄せできるかもしれないのです。

リモコンだけ最新の型にできる?

最近の給湯器のリモコンには、呼び出しボタンや、無線LAN搭載でアプリと連動できる機能など、魅力的な機能がどんどん増えています。

せっかくリモコンを交換するのならば、最新型のリモコンに交換したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

残念ながら、給湯器とリモコンは一対の関係なので、リモコンだけ最新機種に変更することはできません。

今の給湯器と最新リモコンの互換性はメーカーも専門業者も保証してくれませんので、既存リモコンの在庫がない場合は給湯器と一緒に交換することになります。

給湯専用ならリモコンがなくても使える

追い焚き機能のついていない給湯専用の給湯器をお使いであれば、リモコンなしでもお湯を出し続けることができます。

お湯側の蛇口を使えば、水流を感知して給湯器本体の内部自立運転スイッチが働くためです。

ただし温度調節はできないので、60度以上の高温のお湯が出てしまいます。お湯だけで使うには熱過ぎるため、水で温度調整しながら使ってくださいね。

リモコンの交換だけ工事依頼できる?

給湯器のリモコンを自己調達して、交換工事だけを業者に頼めるのでしょうか。

実際、インターネットでリモコンだけを販売しているサイトもありますし、「工事費を安く抑えるために交換だけプロにお願いできるのか?」といった疑問を質問サイトで見つけました。

しかし、リモコンの交換作業だけを請け負ってくれる業者は、ほとんどないと思います。

もちろん手当たり次第に探したり、交渉したりすれば、作業してくれる業者は見つかるかもしれません。しかし給湯器と互換性があるかどうか不明なリモコンを、初見の現場で取り付けるリスクを進んで負う業者がいるのでしょうか。

また、リモコン交換してもらったとしても正常に作動するかどうかの責任は依頼側にあると心得ておかねばなりません。

もしリモコンを交換したいと考えているならば、診断段階(リモコンだけ交換なのか、給湯器とセットで交換なのか)から専門業者に任せましょう。

機種の選定もプロに任せよう

まとめ

給湯器のリモコンは、生活者が簡単に給湯器をコントロールできる生活に欠かせないアイテムです。

ですが、給湯器の異常や故障には敏感でも、リモコンの不具合にまで気が回らないのが本音ではないでしょうか。リモコンが壊れてしまうと、途端に給湯器を扱う術がなくなってしまいます。給湯器の女房役・リモコンにも注目していきたいですね。

Client
電話番号