調布市 エコジョーズ給湯器交換工事 S様邸|エコジョーズ排熱について

  • After
    施工後
  • Before
    施工前
工事時間
3時間
工事費用
185,000円
商品
ノーリツ ガス給湯器 エコジョーズ 24号フルオート

調布市の戸建て住宅にて給湯器交換

調布市にお住いのS様よりエコジョーズ給湯器への交換工事をご依頼いただきました。S様からのご注文は初めてでしたが、小金井市にお住いのご親戚からのご紹介とのことです。

福田設備では水まわりの工事もやっていて、小金井市のご親戚の現場では緊急の水漏れ対応を昨年させていただきました。そのときの対応が良かったとのことで、福田設備をS様にご紹介していただいたそうです。

工事をさせていただいたお客様のご紹介は特にうれしいですし、気合いも入ります^ ^

施工のポイント

既設の機器はノーリツの24号追い炊きタイプです。交換機種も同じノーリツ製の給湯器ですので、外寸や配管の位置などほぼ同じ。施工も比較的簡単です。

既設機器からメーカーを変えることも可能なのですが、不思議と同じメーカーへ交換をされる方が多いです。やはり長年使用してきたメーカーに信頼があるからでしょうか。施工する側からすると、同じメーカーの方が工事しやすくていいのですが・・・

施工後の配管部分

施工後の配管部分

配管は、エコジョーズ機種への交換ですので、いつも通りドレン排水の誘導が必要です。ドレン排水の方法は市町村の条例によって決められています。市町村によってドレン排水の処理方法が異なる場合もありますので、地元をよく知っている業者が安心ですね。

エコジョーズの排熱温度はなぜ低い?

さてエコジョーズの排熱温度が低いのはご存知ですか?

ご存知の通り、エコジョーズは省エネタイプの給湯器です。エコジョーズが、どうやって省エネを実現しているかというと、お湯を沸かすときにでる排熱を二次利用しているからです。

下の図を見た方がわかりやすいですね。

エコジョーズの概念図|リンナイHPより

エコジョーズの概念図(オレンジ色の矢印が排熱)|リンナイHPより

従来の給湯器は、バーナーの熱を水に伝えた後の熱は全て排気ガスとして排出していました。どんなに効率のいい方法でも、ガスのエネルギーの20~30%ほどがロスしていたといわれています。

そこでエコジョーズは、バーナー(一次熱)でお湯を作った後の熱エネルギーを、二次熱として再利用しています。二次熱として集めた熱エネルギーは、水道の冷たい水を温めるのに使われます。

二次熱は、200℃程度まで低くなっていますが、冷水をぬるま湯程度まで温めることができます。従来の機種にくらべるとエコジョーズの機種は、お湯の立ち上がりが早く、冬などはその効果がとくに実感できると思います。

熱エネルギーを奪われた排熱の温度はもちろん低くなりますので、エコジョーズの排熱温度は50℃程度まで下がります。従来機種の排熱は200℃以上になることもありますので、その差は歴然です。

最後に

秋も深まり、日の傾きも早くなってきました。15時頃からの作業開始でしたが、なんとか暗くなる前に工事完了です。

これから寒くなり、水道温度も下がる季節ですので工事は辛くなりますが、給湯器工事は本格的なシーズン到来です。どの業者さんも冬場のガス工事は混みますので、給湯器交換はお早めにご検討ください^ ^

調布市の給湯器交換は福田設備