国立市 給湯器交換工事 T様邸

  • After
    施工後
  • Before
    施工前
工事時間
2時間
工事費用
70,000円
商品
ノーリツ 給湯器 給湯専用16号

国立市の戸建て住宅で給湯器交換

国立市に戸建てにお住いのお客様より給湯器交換工事のご注文をいただきました。

今回交換をさせていただいた給湯器は給湯専用の機器です。戸建ての現場の場合、追炊き付きの機器が設置されていることが多いですので、給湯専用の機器だけというのは非常に珍しいです。

また、既設機器は14年近く前の機器らしく、現行機種よりスリムな機器。この場合、新しい機器に交換すると接地面積が大きくなりますので、他の配管などが邪魔して接地面がとれないこともあります。その場合は、機器の移設なども必要となりやや大変な工事となります。今回は、十分な接地面積が確保できましたので、そのまま交換できました。

ちなみに、給湯専用の機器から追炊き付きの機器への交換も可能です。別途配管の移設や増設の工事と浴槽側の工事も必要となり費用はそれなりにかかりますが、もしご検討であれば一度ご相談ください。

給湯器の設置場所は裏庭です。植木やエアコンの室外機をうまくかわしながらの搬出入です。給湯専用の機器は軽いため、今回は難なく搬出入できましたが、これが追炊き付きの機器、特にエコジョーズの場合はお重くて大変なのです。

給湯専用の機器は配管が3本

今回交換をさせていただいた機器の配管部分の写真です。

交換前の配管

交換前の配管

交換後の配管

交換後の配管

給湯専用の機器は配管が3本あります。左側の2本が給湯・給水配管、右側がガス管です。

給湯と給水配管は、熱効率を高めるために保温材を巻きます。業者さんによっては古い保温材を再利用する方もいらっしゃるようですが、福田設備ではもちろん新品の保温材に巻き直しです。長年、雨風や紫外線を浴びて劣化もしていますので、基本的に交換するようにしています。

ガス配管の方は、新しい機器への再接続のみです。ガス管の種類によっては、ガスコックから機器までの部分の配管を交換することもありますが、今回の現場はガス管の延長など不要なので、そのまま使用します。

ガスコックから基礎部分に関しては、ガス会社さんしか工事できないことになっていますので、劣化や損傷が激しい場合は、東京ガスさんにご相談ください。

知人からの紹介

今回、ご注文をいただいた経緯は知人からのご紹介でした。その方は、昨年工事をさせていただいたお客様で、お話の面白い方でしたので私も印象が強く残っています。

お客様をご紹介いただけるということは、工事にご満足をいただいている結果だと思いますので、これからもお客様にご満足いただく工事ができるように頑張っていきます^^

国立市の給湯器交換は福田設備