【後編】職人が給湯器交換の手順を写真付きで説明!

前回の記事では給湯器の取り外しと、
新しい給湯器の取付けについて説明しました。

後編では屋内作業と、最後の仕上げについてご紹介します!

リモコンを交換する

次は室内作業に移ります。
室内作業はリモコン交換がメインです。

浴室にあるリモコンと、
浴室の外にあるリモコンの2台を交換していきます。

リモコン交換の流れ

まずは古いリモコンを外し、下地を除去、
新しいリモコンを設置してコーキングする、というのが
おおまかな流れです。

室内のリモコンを外す様子

浴室のリモコンを外す様子

<マニアック豆知識>
リモコン交換で最も気をつかうのは次の2点です。

①下地をきれいにはがす

壁に固定するためしっかり塗られた下地。

下地が残ったままだと壁に段差ができ、
新しいリモコンを設置したときに
ガタついてしまう可能性があります。

コテを使って壁を傷つけないよう下地を除去し、
できる限り平らな状態に戻します。

②配線を穴の中に落とさない
壁に開いた穴から外の給湯器へ、
電源線がつながっています。

線は細いので、穴の中に落としてしまう危険性があるのです。
一度壁の中に落としてしまうと取り出すのが大変…
というか壁を壊さないといけないので、
想像するだけで肝が冷えます。

不注意で電源線を落としてしまわないよう、
長く引き出しておいたり、結んでおいたり等
色々工夫しています。

コーキングする

リモコンの周囲をコーキングし、
水やゴミの侵入を防ぎます。

マスキングしたあとコーキング材を塗り、
コテなどを使って表面を整えます。

ケーキに生クリームを塗っているみたいですよね。

<マニアック豆知識>
メーカーにより、
リモコンの周囲の何辺をコーキングするか指示が違います。

ノーリツ…3ヶ所(左辺・上辺・右辺)
リンナイ…4ヶ所(4辺すべて)

メーカーにより考え方やリモコンの造りが違うためと思われます。

ノーリツはあえてリモコン下に隙間を作り、
水蒸気などの湿気を逃がす方法のようです。

逆にリンナイは最初から水分の侵入を避ける造りなのでしょう。

通水テストをする

ここまで作業を終えて、いよいよ通水テストです。

まだ作業は残っていますが、
早めに通水テストをし、トラブルがないか確認しておきます。

給湯器の電源をつけ、
低い温度&最低水位で給湯・お湯はりしてみます。

お湯はりしている間に、残りの屋外作業を終えてしまいましょう。

ドレン排水用の配管を設置する

今回、エコジョーズタイプの給湯器を設置しました。

エコジョーズの給湯器は、使用時にドレン排水という
水が発生し、外に排出されます。

垂れ流しになって地面が水浸しにならないよう、
新たにドレン用の配管を設置しました。

配管の長さを確認中

配管は手作りです。

壁にしっかりと固定します。

保温材を巻く

古い保温材は剥ぎ取ってしまいましたので、
新しい保温材を巻いていきます。

配管が入り組んでいるので、
保温材がスムーズに巻けず苦戦しました…。

テープを下から上に向かって巻いていきます。

これでまた快適に給湯器が使用してもらえます!

穴を埋める

最後に、壁にあいている穴の隙間をコーキング材で埋めます。

きちんと穴を処理しておくことで、
ゴミや風雨、害虫やネズミの侵入を防ぐことができるのです。

まとめ

給湯器交換の様子を、
最初から最後まで写真におさめたのは初めてです。
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

いつもは流れの中で自然と行っている作業も、
1つずつ分けていくと作業量の多さに驚きます。

また、給湯器の上げ下ろしなどダイナミックな作業もあれば、
コーキングや配管作りといった繊細な作業も多く、
色々なスキルが求められるのだと感じました。

業者の方針により、給湯器交換のやり方は様々ですが、
福田設備はこれからも丁寧な作業を心がけていこうと思います。

Client
電話番号