2016年6月8日

よくあるお問い合わせ

工事全般について

給湯器の寿命・交換時期について (5)

一般家庭用の給湯器は、耐用年数はおおよそ10~15年程度といわれています。家族構成や使用頻度にもよりますが、平均だと12~13年で故障される方が多いようです。

経年劣化による部品の摩耗、基盤の故障などが主な故障の原因です。メーカーは、給湯器の定期メンテナンスを推奨していますが、実施する機会もなかなか無いのが実情ではないでしょうか。なんとなく不調なまま使い続けて最終的には故障する場合が多いようです。

以下の様な症状がひとつでもあれば寿命が近いとお考えください。

  • 給湯器本体から異音がする
  • 給湯器本体から黒い煙が出る
  • 給湯温度が安定しない
  • 追いだきしても設定温度にならない
  • 雨が降った次の日は点火しないときがある

「水は出るけど、お湯がでない」というときは、ガスが止まっていないかどうか、ガスコンロをまずは点火してしてみてください。地震の後など、まれにガスメーターの安全装置が作動して、ガスが閉じている場合があります。また、激しい雨が降ったあとなどは、湿気により給湯器が一時的に点火しないということもあります。

給湯器が故障しているどうか確認させていただきますので、まずはお気軽にお電話ください。

給湯器は、メーカーの設計上の標準使用期間が10年とされています。それ以上の使用を経過すると有料点検(1回あたり7000円~9000円程度)を受けるよう推奨されています。しかし、点検後に修理箇所が見つかった場合は、部品代に加え工事費用がかかってしまいます。例えば、基盤の故障の場合は部品代が約5万円ほどかかることもあり、更にプラスして技術料も発生します。

また、耐用年数を超えた故障の場合は、例え修理で直ったとしても、その後また他の箇所が故障することがほとんです。結局、新しい給湯器に交換した方が安く抑えられることも多いので、10年を超えて不調になった給湯器は、交換を検討した方が良いといえます。

問い合わせフォームへ

給湯器の工事について

給湯器の寿命・交換時期について (5)

一般家庭用の給湯器は、耐用年数はおおよそ10~15年程度といわれています。家族構成や使用頻度にもよりますが、平均だと12~13年で故障される方が多いようです。

経年劣化による部品の摩耗、基盤の故障などが主な故障の原因です。メーカーは、給湯器の定期メンテナンスを推奨していますが、実施する機会もなかなか無いのが実情ではないでしょうか。なんとなく不調なまま使い続けて最終的には故障する場合が多いようです。

以下の様な症状がひとつでもあれば寿命が近いとお考えください。

  • 給湯器本体から異音がする
  • 給湯器本体から黒い煙が出る
  • 給湯温度が安定しない
  • 追いだきしても設定温度にならない
  • 雨が降った次の日は点火しないときがある

「水は出るけど、お湯がでない」というときは、ガスが止まっていないかどうか、ガスコンロをまずは点火してしてみてください。地震の後など、まれにガスメーターの安全装置が作動して、ガスが閉じている場合があります。また、激しい雨が降ったあとなどは、湿気により給湯器が一時的に点火しないということもあります。

給湯器が故障しているどうか確認させていただきますので、まずはお気軽にお電話ください。

給湯器は、メーカーの設計上の標準使用期間が10年とされています。それ以上の使用を経過すると有料点検(1回あたり7000円~9000円程度)を受けるよう推奨されています。しかし、点検後に修理箇所が見つかった場合は、部品代に加え工事費用がかかってしまいます。例えば、基盤の故障の場合は部品代が約5万円ほどかかることもあり、更にプラスして技術料も発生します。

また、耐用年数を超えた故障の場合は、例え修理で直ったとしても、その後また他の箇所が故障することがほとんです。結局、新しい給湯器に交換した方が安く抑えられることも多いので、10年を超えて不調になった給湯器は、交換を検討した方が良いといえます。

問い合わせフォームへ

給湯器の寿命・交換時期について

給湯器の寿命・交換時期について (5)

一般家庭用の給湯器は、耐用年数はおおよそ10~15年程度といわれています。家族構成や使用頻度にもよりますが、平均だと12~13年で故障される方が多いようです。

経年劣化による部品の摩耗、基盤の故障などが主な故障の原因です。メーカーは、給湯器の定期メンテナンスを推奨していますが、実施する機会もなかなか無いのが実情ではないでしょうか。なんとなく不調なまま使い続けて最終的には故障する場合が多いようです。

以下の様な症状がひとつでもあれば寿命が近いとお考えください。

  • 給湯器本体から異音がする
  • 給湯器本体から黒い煙が出る
  • 給湯温度が安定しない
  • 追いだきしても設定温度にならない
  • 雨が降った次の日は点火しないときがある

「水は出るけど、お湯がでない」というときは、ガスが止まっていないかどうか、ガスコンロをまずは点火してしてみてください。地震の後など、まれにガスメーターの安全装置が作動して、ガスが閉じている場合があります。また、激しい雨が降ったあとなどは、湿気により給湯器が一時的に点火しないということもあります。

給湯器が故障しているどうか確認させていただきますので、まずはお気軽にお電話ください。

給湯器は、メーカーの設計上の標準使用期間が10年とされています。それ以上の使用を経過すると有料点検(1回あたり7000円~9000円程度)を受けるよう推奨されています。しかし、点検後に修理箇所が見つかった場合は、部品代に加え工事費用がかかってしまいます。例えば、基盤の故障の場合は部品代が約5万円ほどかかることもあり、更にプラスして技術料も発生します。

また、耐用年数を超えた故障の場合は、例え修理で直ったとしても、その後また他の箇所が故障することがほとんです。結局、新しい給湯器に交換した方が安く抑えられることも多いので、10年を超えて不調になった給湯器は、交換を検討した方が良いといえます。

問い合わせフォームへ

設置する給湯器について

給湯器の寿命・交換時期について (5)

一般家庭用の給湯器は、耐用年数はおおよそ10~15年程度といわれています。家族構成や使用頻度にもよりますが、平均だと12~13年で故障される方が多いようです。

経年劣化による部品の摩耗、基盤の故障などが主な故障の原因です。メーカーは、給湯器の定期メンテナンスを推奨していますが、実施する機会もなかなか無いのが実情ではないでしょうか。なんとなく不調なまま使い続けて最終的には故障する場合が多いようです。

以下の様な症状がひとつでもあれば寿命が近いとお考えください。

  • 給湯器本体から異音がする
  • 給湯器本体から黒い煙が出る
  • 給湯温度が安定しない
  • 追いだきしても設定温度にならない
  • 雨が降った次の日は点火しないときがある

「水は出るけど、お湯がでない」というときは、ガスが止まっていないかどうか、ガスコンロをまずは点火してしてみてください。地震の後など、まれにガスメーターの安全装置が作動して、ガスが閉じている場合があります。また、激しい雨が降ったあとなどは、湿気により給湯器が一時的に点火しないということもあります。

給湯器が故障しているどうか確認させていただきますので、まずはお気軽にお電話ください。

給湯器は、メーカーの設計上の標準使用期間が10年とされています。それ以上の使用を経過すると有料点検(1回あたり7000円~9000円程度)を受けるよう推奨されています。しかし、点検後に修理箇所が見つかった場合は、部品代に加え工事費用がかかってしまいます。例えば、基盤の故障の場合は部品代が約5万円ほどかかることもあり、更にプラスして技術料も発生します。

また、耐用年数を超えた故障の場合は、例え修理で直ったとしても、その後また他の箇所が故障することがほとんです。結局、新しい給湯器に交換した方が安く抑えられることも多いので、10年を超えて不調になった給湯器は、交換を検討した方が良いといえます。

問い合わせフォームへ
電話番号