エラー140・14は自力解決不可!交換か修理の見極め方を教えます

給湯器の電源を入れると、「140」または「14」というエラーコードが表示されるときがあります。

14系のエラーは給湯器のトラブルではよく見られるものです。これらのエラーが表示された際には、まず給湯器の安全装置が作動している証拠。まずは電源を切り、様子を見たほうが賢明でしょう。

では、これらのエラーが表示された給湯器はどう対処するべきでしょうか。交換?修理?

今回は、給湯器のエラーコード140(または14)について、エラーの理由と対策をご紹介します。

給湯器のエラーコード140とは?

エラーコード140は、「過熱防止装置作動」の意味。メーカーによってはエラーコード14で表示される場合もあります。

ちなみに、エラー名はメーカーにより多少表現が違いますが、意味合いは変わりません。

例えば、冒頭の「過熱防止装置作動」はノーリツ。他に「壁面火災防止装置作動(パロマ)」「過熱防止装置、温度ヒューズ作動(リンナイや東京ガス)」などです。

給湯器には、「温度ヒューズ」という装置が搭載されています。給湯器の熱が異常に高くなった場合、自動的に温度ヒューズを断線することで、給湯器を停止させる機能があるのです。

給湯器が熱くなると、給湯温度の調整が効かず、異常な熱湯が出てきたり、それ以上の故障につながる恐れがあるんですよね。そうならないための安全装置が動作すのです。

すなわちエラーコード140は、「給湯器が何らかの理由で熱くなっているので、安全のため温度ヒューズを断線し、給湯や暖房をストップさせましたよ」というメッセージなんですね。

エラーコード140は、そのまま放置しない!

エラーコード140が表示されたら、給湯器の電源を一度オフにし、再度つけ直してみます。すると、エラーコードの表示が消え、給湯器が使えるようになる場合もあります。

しかし、むやみに給湯器を使い続けない方がいいでしょう。給湯器内の熱湯が出てきて、火傷するなどの危険性があります。先述のように給湯温度の調整ができなくなっている状態になっているからです。

給湯器内の燃焼系装置の故障ですから、すぐに修理もしくは交換を検討することをおすすめします。

エラーコード140がでたら、修理?それとも給湯器交換?

では給湯器を修理するのか、それとも交換したほうがいいのか、その判断はどうしたらいいのでしょうか。

使用年数が短い場合

使用年数が短い給湯器であれば、修理で解決する可能性があります。

また、使用年数が10年未満であれば、メーカーにも修理部品を製造している可能性も高く、負担が軽くなる場合もあります。

まずはメーカーに問い合わせてみるのがおすすめです。

使用年数が10年オーバーなら交換がベター

使用年数が10年以上経過している場合は、交換を検討した方がいいでしょう。

メーカーにおいて、交換部品の製造が終わっているため、そもそも修理ができないという可能性が高いです。こういったケースでは、給湯器そのものを交換するしかありません。

もともと、給湯器は約10年の使用を想定して設計されています。10年以上経過した給湯器の故障が、運良く修理で直ったとしても、他の不具合が発生してしまう日も近いでしょう。

せっかく温度ヒューズの修理をしたのに、すぐに修理不可能な故障が発生して、結局給湯器を丸々交換。なんてことになってしまえば、修理代と交換代をダブルで支払う羽目になってしまいます。

自力でのエラーコード140を解決は?


エラーコード140の修理には、専門的な知識と技術が必要です。現実的には自力で修理することは難しいでしょう。

まずはメーカーのお問い合わせセンター、もしくは信頼できる給湯器交換・修理業者に連絡する方が無難です。

まとめ

いかがでしたか?

エラーコード140は、燃焼系装置の故障。放置して無理矢理給湯器を使い続けると、最悪の場合火災事故につながりかねません。設置から10年以上経過している給湯器ならが、いち早くメーカーか専門業者の力を借りて問題解消しましょう

ちなみに、ノーリツでは消耗品・部品の通販を行っています。
http://www.shop-clubnoritz.jp

ここでは専門知識や特殊な工具を必要せずに交換できるフィルターなどの消耗品を中心に販売されています。言い換えると、ここで販売されていない部品が必要な故障・不具合は、一般消費者が自力で解決することはできません。

配管やフィルターへのゴミの詰まりなどの外的要因の不具合は自力で解決できることもありますが、エラーコード140のような内的要因による不具合は自力での解決は不可能。

エラーコードから不具合の原因が内的な要因だと判明したら、無駄は時間は使わずに専門業者に頼んだ方が良いでしょう。

Client
電話番号