給湯器交換は東京ガス以外でも工事していいの?

給湯器を交換するとき、真っ先に思い浮かべる業者は「東京ガス」などのガス会社ですよね。
信用があって、アフターメンテナンスを考えても、ガス会社に委託する方が安心感があるかもしれません。

ただ、給湯器交換は東京ガスの専売ではないんです。
東京ガス以外に給湯器交換をしてくれる業者と、業者の選び方を紹介します。

給湯器交換を行う業者の種類

給湯器交換の専門業者

給湯器交換を専門にしている業者さんがいます。

水道工事やリフォームなど、家のメンテナンスを専門に扱う業者が兼業していることも多いです。
コストを抑えて価格を安く提供していたり、自社施工している業者であればスピーディーな対応が期待できるなどのメリットがあります。

工務店

持ち家の方は、自宅を施工した工務店に頼む場合も多いようです。

工務店の持つネットワークで給湯器交換の業者を紹介してくれたりします。
コストは若干上がりますが、自宅のかかりつけ医のような立ち位置の工務店に頼む安心感がありますよね。

給湯器メーカー


ノーリツやリンナイといった給湯器メーカーも給湯器交換を行ってくれます。

とはいっても、実際にこれらの会社が自社施工で給湯器交換をするのではなく、提携している下請けの会社が工事することがほとんどです。
コスト的にお得感はなく、メーカーの乗り換えなどもできません。

とはいえメーカー独自の保証を設けている会社もありますので、考え方次第では交換依頼するメリットもあります。

東京ガスでないとできない工事

給湯器交換は東京ガス以外でも施工できることを紹介しました。
話は給湯器交換から少し逸れてしまいますが、東京ガスにしかできない工事にはどのようなものがあるのでしょうか。

ガス事業法で決められている

ガス事業法という法律があります。
この法律の中で、ガス事業者(つまり東京ガスなどのガス会社)しか行うことのできない業務が定められています。

例えば「ガス工事」です。
道路に埋設されているガス管の工事は、ガス事業者以外が行うことはできません。

普通の生活を送る上ではそれほど重要な情報ではありませんが、「ガス臭さを感じたときに連絡する先はガス会社である」とだけ覚えておいてもらえればいいかなと思います。

東京ガスで給湯器交換するメリット

東京ガス以外でも給湯器交換を依頼することはできますが、東京ガスに工事してもらうメリットもあります。

修理体制が整っている

東京ガスには、各地域に「東京ガスライフバル」という窓口を設置しています。
ガスの引き込みや点検など、引越しや日常生活でガスにまつわる手続きを行っている会社です。
東京ガスライフバルは給湯器の交換工事も請け負っており、店舗数も東京ガス管轄内に100店舗以上と、圧倒的に規模が大きいのです。

詳しくはこちらの記事もご参照ください!

給湯器交換の業者の選び方のコツ

よりお得に給湯器交換したいならば給湯器交換専門の業者、安心感や保証を優先するならばガス会社など、
給湯器交換に何を求めるのかを軸にすると、交換業者を選ぶヒントになります。

安い買い物ではないからこそ、ご家族とよく話し合い、ベストな選択ができるようにしましょう。
価格だけでなく、業者とのコミュニケーションの取りやすさ、保証内容など、総合的な判断が大切です。

まとめ

いかがでしたか?
給湯器交換=ガス会社だけではなく、複数の選択肢があることを紹介しました。
インターネットで検索すると、給湯器交換を行う業者が数多く検索結果に出てきます。
いくつか目星をつけ、担当者の雰囲気なども参考にしながら、業者選びを進めてみてくださいね。

Client
電話番号