【給湯器の歴史】給湯器はこうやって進化してきた!

もともとは明かりとして活用されていたガスは、
次第に料理や暖房目的で使われ始め、
今では給湯や床暖房、浴室乾燥などの熱源としてなくてはならない存在です。

そもそも給湯器はどういった形で生まれ、進化を遂げてきたのでしょうか?
そこには、日本人の生活や価値観の変化に合わせて
徐々に姿を変えながら、現代の姿に進化してきた給湯器のストーリーがありました。

給湯器が進化してきた歴史を紐といてみましょう。

1927年頃:給湯器誕生前


従来、お風呂といえば銭湯というのが一般的でしたが、
関東大震災後あたりから個人風呂のシェアが拡大していきます。
しかし、お湯を湧かす熱源としては、まだまだ薪・石炭がメインで、給湯器は登場しません。

1930年:エネルギーの転換期


意外なことに、国産第1号の給湯器が販売されたのは1930年頃です。
結構早い段階で給湯器が開発されていたのですね。

給湯器の販売が早くに実現したのには、進駐軍からの強い要望があったようです。
シャワーを浴びる習慣がある国の人にとって、
給湯設備の確立は待ち望まれていたことでしょう。

この時期は、給湯の熱源が、薪・石炭からガス・石油へ
移り変わっていった転換期でもあります。

ですが、ガスを使って入浴するのは主に都心部に限られた話であり、
地方では相変わらず五右衛門風呂などが主流だったようです。

1950年代:内釜式のお風呂が登場

1945年に戦争が終結し、日本は戦後の混乱期を迎えます。
じわじわとシェアを拡大していた個人風呂ですが、
敗戦国日本の国民にとって、入浴は再び贅沢なものに戻っていきました。

そして戦後の混乱期を抜けた1950年代、
給湯器の需要が増大することになるのです。

徐々に集合住宅が増え始め、再び内釜式のお風呂が登場します。
浴槽の隣に設置された給湯器の上からは煙突が飛び出ていて、
外に換気する構造になっていました。

しかし、仕組み上の課題からうまく換気ができず、事故が多発。
内釜式でも問題なく換気できるシステム作りが急務となりました。

1965年:バランス型風呂釜、小型給湯器の登場

そして1965年、屋外空気を直接取り入れ、屋外に排気する、
バランス型風呂釜(BF式)が登場するのです。
よく「バラ釜」と略して呼んだりしますよね。

一方、台所では小型の給湯器が浸透していきます。

それまでの湯沸かし器はまだまだ高価で、
病院や理髪店など限られた場所でしか使われていませんでした。
新しく登場した四角い形をした小型の給湯器は、
一気に日本の家庭に普及していくことになります。
今でも、会社の給湯室や事務所では、
この小型タイプの湯沸かし器が活躍していますよね。

ちなみに、ガスでお米を炊くガス式炊飯器もあったんですよ。

1967年:セントラル給湯式が主流に

お風呂のシャワー使用のニーズが高まってくると、
バランス型風呂釜に給湯機能を組み合わせた中型給湯器による
セントラル給湯が主流になっていきます。

簡易なハンドシャワーが可能な機器を導入し、
給湯機能と風呂機能が融合していったわけですね。

給排気システムの開発も進み、
ファンによる強制的な給排気を可能にするFF式が開発されます。

1976年:屋外設置型の給湯器が登場

現在ほとんどのご家庭で導入されている、
屋外に置くタイプの給湯器が登場したのはこの頃です。
(バランス釜(BF式)に対し、屋外設置型はRF式と呼ばれます)

リモコンを使った操作が可能になり、
耐候性・害獣対策の観点から、ガス管が金属製に切り替わっていきます。

東京ガスによる、TES(東京ガス温水システム)販売開始が始まったのも、この年です。

簡単にいうと床暖房などの暖房機能を、給湯器が担うシステムですね。

1980年代:様々な商品が発売される

1980年に入ると、給湯器関連、ガスを使った家電など、
様々な商品が発売されました。

給湯器付き風呂釜や全自動ふろ給湯器、
差し湯や追い焚き、お湯はり機能のついたコンパクトガス給湯器をはじめ、
ガスを使った衣類乾燥機「乾太くん」の初号機も発売されました。

2000年代:環境意識の高まり、新しい給湯器のカタチ

世界的な環境意識の高まりは、給湯器の世界も例外ではありません。
給湯器業界で最も成功した例が「エコジョーズ」でしょう。

給湯器が稼働するときに発生する排熱を再利用するシステムで、
「エコ」「高効率」「省エネ」というキーワードが
社会の風潮と一致し、どんどんシェアを伸ばしています。

エコジョーズだけでなく、エネファームやエコワンなど、
時代の流れに合わせた新しい給湯器のあり方を、
各社が競うように提案しています。

まとめ

給湯器の歴史を紐解くと、
「便利で快適な生活を送りたい」という切なる願いに駆り立てられ、
試行錯誤しながら進化してきた給湯器の形が見えてきました。

ガスの普及、生活水準の向上、環境意識の高まりなど、
日本人のライフスタイルや価値観の変化に合わせ、
私たちの生活に寄り添ってくれる給湯器。
その進化はこれからも止まることはないでしょう。

これからはIoT住宅など、AIを活用したスマートライフが起点になり、
給湯器も変化していくのではないかと予想します。

少しずつ、しかし確実に変化・進化していく今後の給湯器に
注目し続けたいと思います!

Client
電話番号