エラーコード632の解決は意外と簡単?!

入浴しようと追い焚きボタンを押すと、リモコンに「632」という数字が表示され困ったことはありませんか?

エラーコード632は、給湯器の故障といった致命的なものではありません。しかし、追い焚き機能が正常に使えないなど、放置しておくには不便なエラーです。

エラーコード632が表示したときの原因と対処法をご紹介します。

エラーコード632とは

エラーコード632の内容の呼び名は、給湯器メーカー各社で異なります。

ノーリツは「ふろ循環不良」、リンナイは「ふろ水流スイッチの故障」、パーパスは「ふろポンプ異常」などです。

表現こそ違いますが、一言で言うと、「給湯器が、浴槽内の水をうまく取り込めない」ときに出るエラーです。

循環アダプターから水が吸えないことが原因

浴槽には、浴槽内の水を取り込むための循環アダプターがありますよね。丸い穴に金属製のネットが張ってある部分です。

上が化粧蓋、下が循環アダプター

上が化粧蓋、下が循環アダプター

追い焚き機能は、この循環アダプターから浴槽内の水を引き込み、水を再過熱して浴槽に戻す仕組みです。

設置フリー給湯器の仕組み

設置フリー給湯器の仕組み

何らかの理由により、循環アダプターから水を吸い込めない状態にあると、エラーコード632が表示されます。

エラーコード632はどうやって解決する?


循環金具から水が吸い込めなくなっている原因はいくつか考えられます。まずは次に紹介する自力でできる方法を試してみましょう。

水位を確認する

浴槽内の水位、が循環アダプターの位置より低い場合は水を吸い込むことができません。浴槽に水が十分張られているか確認して下さい。

目安としては、循環アダプターより5cmほど高い位置まで水位があることです。

フィルターの詰まりや汚れを取り除く

循環アダプターのフィルターが目詰まりしていたり、汚れたりしていて、うまく水が吸い込めていないかもしれません。

フィルターは、手で回すと簡単に取り外すことができます。一度フィルターを取り外し、スポンジや使い古しの歯ブラシなどで掃除しましょう。

循環金具のフィルターに汚れをキャッチするシートを貼っている方もいるかもしれません。当然このシートも、汚れが溜まっていると、循環アダプターの動きを妨げてしまうので、注意が必要です。

フィルターの汚れが酷い場合は、フィルターを新しいものに取り替えましょう。各メーカーで消耗品として取替用のフィルターが販売されていますので、各社ホームページや取扱説明書でチェックしてみましょう。

パーパスなど、最寄りの営業所経由で消耗品を購入できるメーカーもあります。詳しくは給湯器の取扱説明書や、メーカーホームページで確認して下さい。

入浴剤が原因かも

入浴剤の種類によっては、それが原因でまれにエラー632が表示されることがあるようです。

特に発泡性のある入浴剤を使用した際に、泡が配管内のセンサーに影響してうまく作動しなくなることがあります。

その場合は一度浴槽の水をすべて抜き、もう一度水を張って再運転してみましょう。

自己解決が難しい場合は

これまでご紹介したような方法を試してもエラーコード632が消えないときは、自己解決は難しいでしょう。もっと複雑な原因、例えばポンプの故障だったり、配管内の不具合が考えられるからです。

自己解決が難しいと思ったら、給湯器を設置した業者か、メーカーに問い合わせをして指示を仰ぎましょう。

まとめ

エラーコード632は、比較的軽度なトラブルながら、追い焚き機能が使えなくなるので非常に不便です。

エラーが発生した時に適切に対処することも大切ですが、日頃からこまめにフィルターの掃除をしておくなど、エラーを発生させない準備を心がけておきましょう。

Client
電話番号